シングルスピード
レースにでも出るのでなければ、自転車は自分の好きなモノを選べば良い。
ロードバイクのスペックなどを追い始めればキリがない。
その中で、シングルスピード、と言う選択肢は屹立している。
文字通り、ひとつのスピード、つまり変速機能の付属しない自転車だ。
大きく括ってしまえば、ママチャリだってシングルスピードだが、
ここではママチャリは「ママチャリ」と言うジャンルで括っておきたい。
一般的に変速機能が付属していてもよさげなタイプの自転車を、あえて無変速にしたものがシングルスピードだ。
余計なものがついていないから、軽い。そして見た目が美しい。
ただ、漕ぎ出しは重く、坂道はつらい。
ロードバイクが苦も無く登ってゆく坂道を前に、「登れんものは登れんのだ!」と割り切ることができる人のみが選択しうる自転車、それがシングルスピードだ。
パーツのステータスやらヒエラルキーやら世の流行やら、周囲の自転車を抜き去る優越感やらを遥かな高みから見下ろし、「捨てることで全てを得る」まさに蕪村や芭蕉の心意気を持った者のみが、シングルスピードを真に楽しむことができる。
これまでロードバイクのコンポーネントのグレードばかりを気にしていたが、真の「ファンライド」は、シングルスピードにあるのではないかと思い始めている。
シングルスピード

☆今日の走行距離:0km
☆今日の体重:68.0kg
☆今日の500円貯金残高:8,500円
日常、そして自転車通勤 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://deli-days.jugem.jp/trackback/20
<< NEW | TOP | OLD>>